土地を売るのちょっと待って!


土地を売ろうとしているなら、ちょっと待ってください。


これをやらずに土地を売却してしまうと、数百万円単位で損してしまう確率が高いので・・・。


土地を売るなら、周辺の複数の不動産屋に査定してもらいましょう。※最低3社以上


何故なら、一つの不動産屋に査定してもらうだけでは、土地の正確な値段は計れないからです。


もし、あなたが一つの不動産屋にしか査定してもらわず、そのまま売却まで進んでしまったらどうなるでしょう?


適正価格は1000万円だと言われ、そのまま素直に1000万円で売りに出して、だけど本当は1500万円で売れる土地だったら?


500万円も損してしまったら、後悔してもしきれませんよね(^_^;)


そんな事のないよう、最低でも3社以上の不動産屋に査定してもらい、土地の相場や最高価格を知る必要があります。


「だけど最低でも3社以上ってどこに査定してもらえばいいの?」と迷ったら、こちらを使ってみてください。



不動産の一括査定サイト「イエウール」


※名前こそイエウール(家売る)ですが、土地も見てくれます(笑)


こちらイエウールで売りたい土地の情報を入力すれば、高く売れる見込みのある不動産屋を複数紹介してもらえ、それらの不動産屋に一括で査定を依頼できます。


つまりイエウールを使えば「どこの不動産屋に査定してもらおう」とか「一つ一つの会社にアポ取らなきゃ」という煩わしさから解放され、楽に複数の不動産屋に査定してもらえるのです。


入力には5分とかからないので、まだ査定してもらう不動産屋が決まってなかったら、是非使ってみてください。


⇒ イエウールで一括査定してみる

 

 


不動産会社の選択がきちんとできれば、不動産売買はある程度成功したも同然なので、何はともあれ数多くある不動産会社ある中から、信頼の置ける会社を選別していただきたいと思います。土地を売却する計画を持っているなら、土地無料査定を有効利用して、市場価値をつかんでおくことは結構助けになるはずです。リアルに最終的な値段を決定するという場合に、心静かに交渉できるに違いありません。マンション査定を頼む際、普通は不動産業者にコンタクトを取るのではないですか?次いでお願いしますと、不動産業者の担当者が対象の自宅マンションを見にきて、査定します。土地無料査定の後で差し出された金額というのは、とにかく平均値と言える相場から計算されたものであって、実際的な交渉の場では、それより安い価格になることは結構あると言われています。何としても理解していてもらいたいのは、物件内覧会の時、売り主様側雰囲気もマンション売却契約に直結する外せないポイントであるということです。土地を売りたいという方は、不動産会社に土地を売却することにするのか、そうじゃないとすれば不動産の仲介業者に頼んで、土地を売買する方をセレクトするのかを確定しなければならないと思います。どちらにしても、不動産売買は数百万・数千万という取引になることが考えられますから、しっかりと注意点を押さえながら、順調かつ思い描いていた通りの売買を実現していただきたいです。5社前後の不動産業者にマンション査定をお願いしたら、相場をものにすることも可能になると考えます。より多くの業者に査定を依頼するようにしたら、実勢価格に近いマンション相場を把握することも可能だと断言します。何カ月にも及んで同一のマンション売却の募集をかけている状況だと、「このマンションは誰一人振り向かない物件だと想定される!」と思われるリスクがあります。そういった事態に陥るよりことがない内に売却することも求められます。家を売却することになった時は、一括査定をやってもらうことが必須ではないでしょうか!?私自身も一括査定を行なうことで、家の査定額が当初の1486万円から1790万円までアップしたということがありました。「誰もが知っているから」とか、「担当営業が熱心だったから」というような根拠で、マンション買取業者を決定することは許されません。業者選定には十分時間を掛けないと、査定金額が低くされてしまうことが往々にしてあります。マンション一括査定サイトであったら、確認したい物件の詳細を、ページの入力フォームに記載するのみで、概ね6社を対象にしたマンション査定依頼が完了したことになっちゃうから、非常に実用的です。不動産売買においては、ケースによっては仲介手数料の支払いを求められないことがあり得ます。現実問題として支払うことが求められるかどうかは、物件の「取引様態」で決定されます。殆どの人にしたら、不動産の売却はそんなに経験できるとは思えません。普通家を買い求めれば、それからは引っ越すことなくその家を持ち続けることが通例なので、不動産売却のノウハウについては完全無知状態です。不動産の査定結果に優劣が付くファクターとして、「不動産会社によりまして不動産査定に対するベクトルが異なる」ということが考えられると断言します。